スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

手っ取り早い脱毛なら脱毛クリームか脱毛ワックスだけど、その違いは?

個人的には、脱毛をするなら 抑毛ジェルを使いたいのですが、やはり手っ取り早さの点で脱毛クリームや脱毛ワックスを使う方も多いかもしれません。ですが、この脱毛クリームや脱毛ワックスですが、塗ることで肌がスベスベになるのですが、無駄毛処理の方法としては似ているようで、全く別モノと捉えることができます。そこで、ここでは脱毛クリームと脱毛ワックスの違いなどを紹介したいと思います。

●脱毛クリーム
アルカリ性の薬剤を利用して皮膚表面の毛を溶かして除去するもの。

●脱毛ワックス
ワックスを温めて皮膚表面に塗り、それを剥がすことで毛を抜くもの。

なお脱毛ワックスは、手作りするレシピ(砂糖とレモン汁を使ったものが有名ですね)もあるのですが、脱毛クリームに関しては化学成分を使っています。痛みとしては、ワックスの方が皮膚表面に塗って剥がすので、多少痛みもありますね。また待ち時間もあります。

その点、脱毛クリームは毛を溶かすので、ワックスのような痛みは無いのですが、皮膚が弱い方などは化学成分を使っているため、ヒリヒリしたりすることがあるかもしれません。

まあ一般的な評価としては、肌が強いならば脱毛クリームの方が剃ったり抜いたりするよりは、皮膚への負担が少ないかもしれません。但し、毛が太く硬い方の場合は、毛根が残ってしまったり、途中で毛が切れて皮膚表面が黒くポツポツしたりすることもあります。そのため脱毛クリームの説明書には、脱毛する部分を加温すると効果が上がるなんて書いてありますね。

その方法の1つが脱毛クリームを塗った部分にラップを巻いて密閉性を高めたり、入浴後の皮膚が温かい時に使うわけです。

こうやってみていくと脱毛クリームや脱毛ワックスも一長一短があるわけです。抑毛ジェルが一番優れているとも言いませんが、一番自然な仕上がりという点では抑毛ジェルが一番かもしれませんね。そのため、これからの季節で脱毛を意識するなら、抜くか抑えるか、どちらにするかを決めた方がいいかもしれませんね。

タグ : 脱毛クリーム, 脱毛ワックス,

| 脱毛について | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。